徐脈性不整脈とは?

一般的な脈拍数は、1分間に60回~100回程度です。60回を下回った状態を徐脈、徐脈になる不整脈を徐脈性不整脈といいます。心筋梗塞をはじめ、加齢に伴うものや遺伝による心臓の異常など、原因はさまざまです。脈がゆっくりになり、血液が全身に行きわたらなくなるのがそのメカニズム。自覚症状としては、息切れや極度の疲れやすさ、めまいや失神があげられます。ペースメーカーを埋め込み、ゆっくりになりすぎた脈を正しく打つのが主な治療法です。

洞不全症候群

心臓は規則正しい脈を打つため、心房から心室へ電気信号を送っています。洞不全症候群の原因は、スタートの心房にある洞結節が障害を受け、電気が流れづらくなることです。その結果、心房から心室に電気が流れず、脈がゆっくりになります。

洞不全症候群による洞性徐脈

通常、脈拍数は1分間に60回〜100回になるように保たれています。60回を下回った状態を徐脈であり、徐脈になる不整脈が徐脈性不整脈です。洞不全症候群では、洞結節から電気が流れないため、脈拍数が1分間に40回〜50回まで低下します。つまり、洞不全症候群が洞性徐脈を引き起こすのです。通常、運動などをすると脈拍数が明らかに上昇しますが、洞性徐脈の人は上昇しづらいという特徴がみられます。

洞不全症候群による洞停止・洞房ブロックとは

洞性徐脈の場合、洞結節の障害により電気が流れづらいことで脈の数が減少しましたが、洞停止は電気の流れそのものが一時的にストップします。ストップしている時間は心臓が全く動いていないため、失神してしまうこともあり危険です。一方、洞房ブロックは心室への電気が流れづらくなり、最終的に心室へ電気が流れなくなってしまいます。完全に心室への電気が流れなくなった状態が洞停止です。

房室ブロック

房室ブロックは、房室への電気の流れが悪くなることで生じます。軽症だと電気の流れは悪くても心室にたどり着きますが、重症になると心室へ電気が流れません。心房と心室それぞれが電気を流し、バラバラに動くような状態になります。

房室ブロックによる症状とメカニズム

心房と心室の間に存在するのが房室です。房室ブロックは、心筋梗塞などの病気によって、房室への電気の流れが悪くなることで起こります。軽症のうちは時間をかけながらも心室へ電気が流れるため、脈の数は大きく減少はしません。しかし、電気が通らなくなると、心房と心室が別々に電気を流して収縮するため、バラバラに心臓が動きます。その結果、1分間に25回〜35回ほどのペースで収縮するようになってしまうのです。全身の血液が足りなくなり、失神してしまうこともあります。また、めまいやふらつき、疲れやすさなどが生じることも。心臓の動きがバラバラになった状態では、ペースメーカーの埋め込みが必要です。

房室ブロックの危険性

房室ブロックが悪化すると、心臓に負担をかけてしまいます。その結果、心不全になってしまう場合があるのです。また、心房と心室がそれぞれバラバラに動いてしまうことにより、脈拍数が極度に少なくなり、失神してしまうこともあります。そのような状態になると危険なため、ペースメーカーの埋め込みが必要です。そのため、心筋梗塞や心筋症など心臓病の持病があり、息切れが強くなったという人や気を失いそうになったという人は、すぐに病院を受診するようにしましょう。

徐脈性心房細動

心房細動は、心房で漏電してしまうような状態で、脈拍がバラバラになる不整脈です。房室ブロックが重なると、心房で漏電が多発し心室に伝わらず、脈の数が少ない心房細動になることがあります。

徐脈性心房細動の症状とメカニズム

心房細動は、脈がバラバラになる不整脈ですが、多くの心房細動では脈拍は多くなる傾向にあります。しかし、房室ブロックが重なり、心房と心室の間に電気が流れづらくなると、心房細動の状態でも脈がゆっくりになるのです。それだけではあまり害はないのですが、極度に脈が遅くなり、1分間に40回以下になったり、3秒以上脈が止まったりすると、失神や心不全の可能性が生じます。めまいやふらつきなどの症状が出ることもあるでしょう。

徐脈性心房細動の危険性

徐脈性心房細動により、脈が1分間に40回以下になったり、3秒以上脈が停止したりすると、失神や心不全のリスクが高まります。その場合はペースメーカーを埋め込み、心臓に流れる電気をコントロールする必要があるでしょう。もともと心房細動があり、めまいやふらつき、疲れやすいなどの症状がある場合には、医師へ相談するようにしてください。

心筋梗塞の後遺症としての不整脈を詳しく見る

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?