Apple Watchは不整脈の診断に役立つ

自身の健康をサポートする為のツールとして、手首に巻いて歩数や身体状況をモニターする、腕時計型のスマートデバイス(フィットネストラッカー)を使用している人は多いでしょう。そして「Cardiogram」というアプリの開発者によれば、実はApple社がウェアラブルデバイス(装着型端末)の一つであるスマートウォッチとして提供している「Apple Watch」が、その使用者が潜在的に抱えている致命的な心臓病の診断に役立つということが分かったそうです。

米大学らの研究:Apple Watchが心房細動の診断をサポート

「UCSF(カリフォルニア大学サンフランシスコ校)」の研究者たちは、「Apple Watch」とCardiogramのアルゴリズムによって、6158人の心拍数と心電図に関するデータを収集し、Apple Watchに搭載されているセンサーが、正常な心臓のリズムと、心房細動(Atrial fibrillation:AF)の違いを検出できることを発見しました。しかも、AFを発見する精度は97%にも達したと言われています。

心房細動は深刻な心臓不整脈の一つであり、心不全や脳卒中のリスクを高める病気です。しかし、心房細動はしばしば症状を自覚していないこともあり、その診断が難しいこともあります。

その為、Apple Watchなどによって不整脈の診断がサポートされるとすれば、それは非常に有意義な結果と言えるでしょう。ただし、「ウェアラブルデバイスやアプリによって健康状態が診断できる」と過信することは、避けなければなりません。

UCSFの心臓病研究のディレクターであるグレゴリー・M・マルクス氏によれば、 「モバイルテクノロジーのスクリーニング方法が、より適正とされるモニタリングの方法に取って代わることがないとしても、リスク検出の増加と、見落とされる不整脈の診断数を減少させる可能性は秘めている」 と言えるようです。

スマートデバイスの新たな役割

この研究は人々の生活において、スマートデバイスが新たな役割を得られたということも示唆しているでしょう。 カメラ付き冷蔵庫が人々の食糧を管理し、スマートベッドが人々の心拍数や呼吸状況を計測し、ウェアラブルデバイスが健康をモニターする。もしもこれらの技術が診断ツールとして機能すれば、人々はスマートデバイスに包まれた環境の中で、より全身の健康状態などについて意識するようになるかも知れません。

参照元: MEGAN WOLLERTON, “Apple Watch can detect heart conditions, says major study”, CNET, MAY 11, 2017

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?