不整脈

心筋梗塞や狭心症の合併症として不整脈がおきる

不整脈は、心臓が拍動するリズムが乱れる疾患で、脈が飛んだり、極端に早くなったり、ゆっくりになるといった、いくつかのタイプがあります。心臓の収縮リズムが乱れると、冠動脈内で血液がうっ血して血栓ができやすくなり、心筋梗塞・狭心症が起きるリスクが高まります。また心疾患の合併症として、不整脈になるケースもあります。

 

不整脈とは

心筋に伝わる電気信号の
伝達異常でおこる不整脈

不整脈とは、心臓が正常時より、極端に早く波打ったり、ゆっくりになったり、収縮のリズムが乱れた状態のことです。健康な状態の心臓は60~100/分という一定のリズムで収縮して、全身に血液を送ります。心臓の上部には電気信号を発する「洞結節」があり、そこから心筋に刺激が伝わると心臓が収縮します。ところが不整脈になると、刺激が伝わる経路のどこかに異常が起きて心筋に正常に伝わらず、心拍が乱れてしまいます。

突然死につながる危険な
「完全房室ブロック」

不整脈には2種類あります。電気的刺激の異常による「頻脈性不整脈」は心拍数が異常に速くなる不整脈で「期外収縮」「心房細動」「心室細動」があります。心室全体が痙攣する心室細動は、心肺停止と状態になり、非常に危険。伝達異常による「徐脈性不整脈」は、極端に心拍数が遅くなる症状で、加齢等による心筋の衰えが原因です。心室から心房に刺激が伝わらない「完全房室ブロック」は、突然死につながるため注意が必要です。

 

イラスト不整脈の症状

動悸からの失神・痙攣は
心肺停止の危険がある

不整脈は、タイプによって症状が異なります。脈が速くなる「頻脈性不整脈」は、240~250回/分になり、動悸やめまい・脳貧血症状などが伴います。重度になると、全身への血液供給が不充分になり、血圧低下や失神から、脳梗塞や突然死にもつながります。脈がゆっくりになる「徐脈性不整脈」は、拍動が50回/分程度。重度になると、めまい・失神・痙攣を引き起こし、心肺停止になることも。脈が飛ぶ「期外収縮」はのどの詰まりや胸の締め付け感が伴います。

心臓病の合併症「心室細動」は
心臓が痙攣して失神する

不整脈の中でも、心室細動と心房細動は心筋梗塞や狭心症を引き起こす可能性があり、大変危険です。心室細動は、心室が痙攣して血流が止まって失神し、心肺停止状態になるため、突然死を招くことも。心筋梗塞や心筋症などの合併症として発症します。心房細動は、心拍が600回/分以上になり、激しい動機と胸痛が伴います。自覚症状が現れない場合もありますが、心筋梗塞や脳梗塞などの合併症を引き起こすことがあるので、注意が必要です。

 

イラスト不整脈の治療

心筋梗塞を発症すると、退院後にも後遺症として不整脈などの症状が出ることもあります。 心筋梗塞は、治療方法にっては再発する可能性もあります。不整脈も命に関わる場合があるので、退院後も不整脈があるようなら継続して治療を行うようにしましょう。 不整脈の治療には、薬物療法、カテーテル・アブレーション、植込み型除細動器、ペースメーカ-の4つの方法があります。 不整脈は、心筋に伝わる電気信号の異常が原因ですので、それらを抑制する薬剤を使用したり、カテーテルを使用して異常を発生させる細胞を焼き切ることなどが有効です。また、不整脈の種類によって適した治療法も異なりますので、まずは不整脈の症状がどんなものかを正確に把握することが重要です。

不整脈の最新治療方法を見る

 

イラスト不整脈の予防法

1

生活習慣を見直して
危険因子を是正する

不整脈の原因の多くは、心筋梗塞・狭心症などの、心疾患です。また高血圧や肺の疾患、甲状腺異常などがある人も、不整脈になりやすい傾向があります。まずは原因となっている病気をしっかり治療することが大切です。高血圧や糖尿病・脂質異常症・肥満は、動脈硬化を促進して、心筋梗塞・狭心症のリスクを高めます。バランスの取れた食事や規則正しい生活、運動習慣などに心がけて、生活習慣病を予防することで、不整脈になるリスクも低下します。

2

休息をしっかりとって
ストレスのない生活を

健康な人でも、緊張したりストレスを受けると、心拍数が早くなり、心臓がドキドキします。過度のストレスを長期間受け続けると、交感神経が過敏になりすぎて心臓のリズムが乱れがちになります。また食生活の乱れや疲労、睡眠不足なども心臓にとっては、ストレスです。こうした生活が続くと不整脈になる可能性が高まります。疲れたと感じたときはリラックスして体を休め、睡眠時間をきちんととるように心がけて不整脈を予防しましょう。

心筋梗塞の後遺症としての不整脈についてもっと詳しくみる

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?