イラスト血栓とは

剥がれ落ちずにその場に留まる血管の「かさぶた」=血栓。

血栓とは、一口にいうと、血液の固まりのことです。切り傷や擦り傷ができて出血した後、血が止まると、血小板が集まってかさぶたができます。血管の中でも同じことが起きていて、血管壁がコレステロール等で傷つくと、かさぶた、つまり血栓ができます。手足のかさぶたであれば、傷が治れば自然に剥がれますが、血栓は剥がれ落ちません。その場で固まったまま、血管壁にくっついてしまうのです。

全身のあらゆる血管にできる血栓は
心筋梗塞や狭心症を引き起こす

血栓ができると、血管が完全に塞がれて血液がせき止められ、流れなくなります。血液とともに、全身の細胞や臓器に酸素や栄養分が送られますが、血液の流れが止まると酸素の供給ができません。細胞や臓器が酸素不足に陥ってしまい、壊死してしまうのです。血栓は全身のあらゆる血管で起きますが、発症する部位によって、発症する病気が変わってきます。冠動脈でできれば心筋梗塞を引き起こし、脳の血管が詰まれば脳梗塞になります。

 

 

イラストなぜ、血栓が起こるのか?

傷ついた血管を修復するために血小板が血液を固める

健康な状態の血管は、血液がサラサラしていて、スムーズに流れています。ところが、糖尿病、高コレステロールなどで、血液がドロドロになったり、高血圧になると、その影響で血管壁が傷ついて、そこから出血します。そこで、傷ついた部位に血小板が集まって、止血を始めますが、それだけでは、完全に止血できません。血液凝固作用のあるたんぱく質「フィブリン」が傷口を覆って固まりを作り、完全に止血します。この固まりが血栓の正体なのです。

血液中の成分バランスが崩れると
血栓が溶けずにその場に残る

血管がしなやかで健康であれば、血栓ができると血管内の細胞が増殖して、傷ついた血管を修復します。この段階では、まだ血栓が残っていますが、たんぱく質分解酵素プラスミンが血栓を溶かして、血液の流れを回復します。ところが、血液の成分バランスが崩れると、プラスミンの働きが弱まって血栓が溶けなくなり、その場に固まったままの状態になってしまうのです。生活習慣や食生活等の影響等で、現代人の多くは血栓ができやすく溶けにくい体質になっています。

 

 

イラスト血栓が進行するとどうなる?

進行すると血液の流れを悪くして
心筋梗塞や狭心症を発症

血栓が進行すると、その先の血管に血液が流れなくなり、細胞や臓器が壊死します。血栓ができた部位により、起きる病気が変わり、冠動脈に血栓ができると心筋梗塞を起こします。脳の血管が詰まった場合は脳梗塞、肺動脈にできると肺塞栓症です。手足の血管に発症すると、末梢動脈閉塞症や閉塞性動脈硬化症があります。また最近では、車中泊や飛行機に長時間乗っている人に発症しやすいエコノミー症候群もあります。

 

 

イラスト血栓になりやすいタイプ

高血圧・糖尿病~動脈硬化の危険因子を
抱えている人は血栓ができやすい

血栓のできやすい人は、血圧や血液中のコレステロール値、血糖値、尿酸値等が、正常値を超えている人です。これらの数値が異常に高いと、血液がドロドロになります。高血圧も血管に負担がかかり、血栓ができやすくなります。また喫煙・飲酒・ストレス・肥満・寝不足・糖分の過剰摂取、食べ過ぎも要注意です。特に喫煙は、血管を収縮させて血栓を作りやすくします。

国立循環器病研究センターでは、動脈硬化の危険因子について次のように詳しく解説しています。

[21] 動脈硬化 - 「硬化はどう進むのか」より

心臓や血管に悪影響を及ぼす高血圧や糖尿病。

動脈硬化はそうした高血圧や糖尿病の症状が刺激となって、血管の内側の細胞が傷つけられ、血液中の単球(白血球)が細胞にくっつくことから始まります。

細胞にくっついた単球はやがてそこでマクロファージへと変化するのですが、血液中に過剰なコレステロールがあった場合、マクロファージによって脂肪が血管の内側の細胞にどんどん取り込まれていってしまうのです。

これは「粥状硬化」と呼ばれており、さらに症状が悪化すると血管の内側の壁はやがて厚くなっていき、血栓ができてついには詰まってしまうのです。

このように国立循環器病研究センターでは、高血圧や糖尿病によって動脈硬化のリスクが高まってしまう危険性を訴えています。

生活習慣を見直すことで、動脈硬化の危険因子を是正して、血栓を予防しましょう。

 

 

イラスト血栓の検査方法

CT検査やMRI検査で容易に病変を特定し
血管造影検査で正確に診断

血栓の検査はいくつかあり、CT検査やMRI検査により、梗塞した部分の重症度を判定することができます。最近のMRI検査は精度が高まり、他の検査では見つかりにくい血栓も見つけることができるようになりました。さらに、血栓の状態を詳しく調べたり、特定するために、造影検査で精密に検査します。上腕静脈や大腿動脈から、カテーテル(細い管)を入れて血管に送り、血管造影剤を注入してエックス線撮影して、血栓ができている場所を特定します。

最新検査装置「冠動脈CT」や「IVUS検査」で
プラークも発見!

最新機器を使って、患部を画像化できるようになり、精度の高い診断ができるようになりました。冠動脈CTは冠動脈の血栓や心筋梗塞を引き起こしている、プラークの発見ができる最新のCT検査です。FFR(冠血流予備量比)は、冠動脈にできた血栓のレベルと血流の状態がリアルにわかります。血管内超音波検査(IVUS)は、超音波で血管内の状態がわかり、解像度に優れていて、血管の太さやプラークの全体像が把握できます。

 

 

イラスト血栓を予防する方法

ライフスタイルを変える
「7つの習慣」で血栓リスクが低下する!

アメリカの心臓協会では、日常生活の中で、7つのことを心がけることで、血栓症のリスクを軽減できると発表しました。7つのライフスタイルのメインは、運動と体重のコントロールです。心臓の悪い被験者を対象に調査したところ、血栓リスクが44%低くなったそうです。このことから運動をして体重をコントロールすることが、血栓予防の重要なポイントになっていることが、はっきりわかります。

血栓を予防する7つのライフスタイル
「ライフシンプル7」

「ライフシンプル7」は、1.運動する、2.コレステロールの管理、3.健康な食事、4.血圧管理、5.標準体重の維持、6.血糖値のコントロール、7.禁煙といわれ、この7つが血栓を予防する生活習慣です。

アメリカ心臓協会は「ライフシンプル7」を次のように提唱しています。

アメリカ心臓協会 - 「My Life Check - Life's Simple 7」より

「ライフシンプル7」は、アメリカ心臓協会によって発表された健康改善の目標を定めたもの。全部で7段階あり、1つ2つとステップアップしていくことでより健康的な生活を目指すことができます。

1.運動する

運動し筋肉の血流が増えると、血液中のブドウ糖がどんどん細胞の中へと取り込まれていき、インスリンの効果も高まって血糖値は下がっていきます。

2.コレステロールの管理

コレステロールはもともと体にとって必要な物質で、細胞膜を構成したり、胆汁酸やステロイドホルモンの原料になっています。

しかし、コレステロールが過剰に蓄積されると、それが動脈の壁に沈着して動脈硬化を引き起こしたり、血管を詰まらせて心臓病や脳卒中を引き起こす危険性があります。

そのためコレステロールを管理することは動脈硬化を防ぐためにもとても重要。コレステロールを減らすためにも、普段の食事では動物性食品を控え、野菜と果物、海藻などバランス良く食べるようにしましょう。

3.健康な食事

血栓を予防するためにも、食事はバランスの取れた健康的なものが理想的。

暴飲暴食を控え健康的な食事を続けることで、体重・血圧値・血糖値・コレステロール値を改善できるようになります。ただし、カロリーを低くしようとして本来必要な栄養素までカットしてしまっては、逆に健康には良くありません。

1日3食きちんと食べ、魚介類・野菜・果物・海藻・大豆食品などを中心にメニューを組みましょう。

4.血圧管理

高血圧は心臓病や脳卒中のリスクを高める危険な疾患。

しかも自覚症状が出にくいことから、自分が高血圧だと気づいていない人も多いのがやっかいな点です。定期検診などを受け、自分が高血圧かどうかしっかりと体の状態を把握し、血圧を管理することが大切になります。

5.標準体重の維持

肥満によって、特に内臓脂肪が増加すると心臓の負担も増すこととなります。

肥満の状態を放置すると血流の状態も悪くなり、血液が固まりやすくなるため、なるべく体重を落とし平均体重を維持するように心がけましょう。

体重を落とすだけでも心臓の負担は軽くなり、ある程度の血流の改善が期待できます。

6.血糖値のコントロール

人が食事を摂ると、その食べ物の多くが体のエネルギー源となるグルコース(ブドウ糖)に変わります。

「血糖値」とは、"血液内のグルコースの濃度"のことを言うので、血液中のブドウ糖の量が多いほど血糖値は上がります。このとき、特に糖尿病の場合は血糖値が高いままだと危険な状態で、心臓病や脳卒中のリスクが増してしまいます。

また、肥満の人は血糖を一定に保つ働きを持つインスリンに対する反応が鈍くなり、「インスリン抵抗性」になりやすいことから注意が必要。食後に一旦血糖値が上がると下がりにくくなります。

血糖値はバランスの取れた食生活や運動習慣によって常にコントロールすることが何よりも大切です。

7.禁煙

タバコを吸うと血管収縮作用のある「ニコチン」が摂り込まれ、不整脈の発症につながります。

脈拍も増えて心臓には負担がかかり、さらには狭心症の発生リスクも高まることに。また、ニコチンによって血栓も生じやすくなることから脳梗塞などのリスクも増します。健康のためにも禁煙をお勧めします。

このように、アメリカ心臓協会も健康的な生活を送るために生活習慣病の改善が重要であると述べています。

血栓の原因は、コレステロール・高血圧・高血糖・肥満。7つの習慣の実践で、危険因子が是正されて血栓ができにくくなり、生活習慣病や心筋梗塞・狭心症等も防げます。「ライフシンプル7」を実践して、血液サラサラ生活を目指しましょう!

 

イラスト血栓検査が可能な医療機関

首都圏 - 国立病院機構東京医療センター

独立行政法人 国立病院機構東京医療センター
*画像引用元:国立病院機構東京医療センター公式HP
(http://www.ntmc.go.jp/)

  • ■病院名
    独立行政法人 国立病院機構東京医療センター
  • ■所在地
    〒152-8902 東京都目黒区東が丘2-5-1
  • ■時間:月曜~金曜:08:30~17:15
  • ■定休日:土曜・日曜
  • ■電話番号:03-3411-0111
  • ■サイトURLhttp://www.ntmc.go.jp/

「国立病院機構東京医療センター 心臓血管外科」の医療情報

■特徴

患者の高齢化などに伴い、新しい術式や内視鏡・カテーテル治療などを用い、体に対する負担を減らした治療が行われています。

■診療概要

冠動脈疾患や弁膜症など心臓と血管に関わる疾患に対して外科治療を行っています。

■実績

2010~2016年の間に診療では、単独冠動脈バイパス術172例、複合冠動脈バイパス術26例、単独弁膜症手術147例、単独弁膜症手術20例、急性大動脈解離71例など、数多くの実績があります。

大阪府 - 国立病院機構大阪南医療センター

独立行政法人 国立病院機構大阪南医療センター
*画像引用元:国立病院機構大阪南医療センター公式HP
(https://www.hosp.go.jp/~ommedc/index.html)

  • ■病院名
    独立行政法人 国立病院機構大阪南医療センター
  • ■所在地
    〒586-8521 大阪府河内長野市木戸東町2-1
  • ■時間:月曜~金曜:08:30~11:00
  • ■定休日:土曜・日曜
  • ■電話番号:0721-53-5761
  • ■サイトURL
    https://www.hosp.go.jp/~ommedc/index.html

「国立病院機構大阪南医療センター 心臓血管外科」の医療情報

■特徴

これまでは体への負担が大きかった心臓血管外科手術も、術後の「クオリティ・オブ・ライフ」(生活の質)の向上を目指し、心拍動下冠動脈バイパス術やステントグラフト内挿術など、より負担の少ない手術を採用。その手術成績も安定しています。

■診療概要

虚血性心疾患・心臓弁膜症・大動脈疾患・心不全疾患・不整脈疾患・末梢血管疾患などに対応。心臓血管外科指導医や専門医の資格を持つ医師による診療と手術が行われています。

■実績

1945年に国立大阪病院として創設されてから70年以上の歴史があります。

福岡県 - 国立病院機構九州医療センター

独立行政法人 国立病院機構九州医療センター
*画像引用元:国立病院機構九州医療センター公式HP
(http://www.kyumed.jp/index.html)

  • ■病院名
    独立行政法人 国立病院機構九州医療センター
  • ■所在地
    〒810-8563 福岡市中央区地行浜1-8-1
  • ■時間:月曜~日曜:要問い合わせ
  • ■定休日:要問い合わせ
  • ■電話番号:092-852-0700
  • ■サイトURL
    http://www.kyumed.jp/index.html

「国立病院機構九州医療センター 心臓血管外科」の医療情報

■特徴

福岡市シーサイドももち地区の広大な敷地に立地。地行中央公園に隣接するなど優れた環境の中にあります。病院自体はさまざまな疾患に対応しており、医療機関として多様なニーズにこたえています。

■診療概要

診療は24時間体制。九州全域を診療圏としており、循環器疾患・腎不全などの医療を提供。

■実績

1994年、国立病院九州医療センターの開院とともに心臓血管外科が発足されました。近年は弁膜症手術を数多く扱い、次いで大血管手術・冠動脈手術の手術実績も多数。全ての症例の60~70%が70歳以上の患者で、そのうちの約20%を80歳以上の患者が占めています。

愛知県 - 国立病院機構名古屋医療センター

独立行政法人 国立病院機構名古屋医療センター
*画像引用元:国立病院機構名古屋医療センター公式HP
(https://www.nnh.go.jp/)

  • ■病院名
    独立行政法人 国立病院機構名古屋医療センター
  • ■所在地
    〒460-0001 愛知県名古屋市中区三の丸4-1-1
  • ■時間:月曜~金曜:08:30~11:00
  • ■定休日:土曜・日曜
  • ■電話番号:052-951-1111
  • ■サイトURLhttps://www.nnh.go.jp/

「国立病院機構名古屋医療センター 心臓血管外科」の医療情報

■特徴

手術による合併症を避ける努力はもちろんのこと、長期にわたりより良い「クオリティ・オブ・ライフ」(生活の質)を維持できる治療を行っています。

■診療概要

虚血性心疾患・弁膜症・胸部大動脈疾患などの治療と手術を提供。

■実績

強い血管の病変が見られることが多く、手術のリスクも高いと言われている透析患者の手術を5年間で21例、死亡例を出すことなく実施。80歳以上の高齢者の手術は5年間で24例あり、こちらも死亡例はゼロ。大半の患者が自宅で自主的な生活送るまでに回復しています。

北海道 - 国立病院機構北海道医療センター

独立行政法人 国立病院機構北海道医療センター
*画像引用元:国立病院機構北海道医療センター公式HP
(https://www.hosp.go.jp/~hokkaidomc/index.html)

  • ■病院名
    独立行政法人 国立病院機構北海道医療センター
  • ■所在地
    〒063-0005 北海道札幌市西区山の手5条7-1-1
  • ■時間:月曜~金曜:08:30~15:00
  • ■定休日:土曜・日曜
  • ■電話番号:011-611-8111
  • ■サイトURL
    https://www.hosp.go.jp/~hokkaidomc/index.html

「国立病院機構北海道医療センター 心臓血管外科」の医療情報

■特徴

さまざまな合併症を持つ患者にも対応可能な、各科の専門医が在籍している総合病院。第三次救命救急センターの機能もあり、重症の患者に対しても常に対応することができます。血管生理検査専門外来を新しく開設し、末梢動脈疾患(PAD)の早期発見にも尽力。

■診療概要

虚血性心疾患・心臓弁疾患・大動脈疾患・末梢血管疾患など、その他の心血管に関連する疾患を治療。

■実績

2017年度の主な治療実績は、心臓胸部大血管及び心臓腹部大血管の手術が全33例、胸部大血管手術症例18例、腹部以下の動脈の手術が48例、静脈に関連した手術が48例、虚血性心疾患単独・弁膜症手術症例が11例など

沖縄県 - 那覇市立病院

独立行政法人 那覇市立病院
*画像引用元:那覇市立病院公式HP
(http://www.nch.naha.okinawa.jp/)

  • ■病院名
    地方独立行政法人 那覇市立病院
  • ■所在地
    〒902-8511 沖縄県那覇市古島2-31-1
  • ■時間:要問い合わせ
  • ■定休日:要問い合わせ
  • ■電話番号:098-884-5111
  • ■サイトURL
    http://www.nch.naha.okinawa.jp/

「那覇市立病院 循環器内科」の医療情報

■特徴

365日24時間救急医療に対応し、医院や診療所など他院からも患者を受けつけ、通院入院が必要な患者に高度で専門的な医療を提供しています。施設が充実しており、ATM・コンビニ・図書コーナー・レストランと食堂・美容室を院内に設置。

■診療概要

狭心症・心筋梗塞・心筋症・心不全・不整脈といった心臓病に加え、動脈硬化症などの末梢動脈疾患・静脈血栓症などの診察と治療が行われています。

■実績

診療実績は心臓カテーテル検査(CAG)が434例、経皮的冠動脈形成術(PCI)が212例、末梢血管の経皮的形成術(PPI)58例など。

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?