イラスト血栓とは

剥がれ落ちずにその場に留まる血管の「かさぶた」=血栓。

血栓とは、一口にいうと、血液の固まりのことです。切り傷や擦り傷ができて出血した後、血が止まると、血小板が集まってかさぶたができます。血管の中でも同じことが起きていて、血管壁がコレステロール等で傷つくと、かさぶた、つまり血栓ができます。手足のかさぶたであれば、傷が治れば自然に剥がれますが、血栓は剥がれ落ちません。その場で固まったまま、血管壁にくっついてしまうのです。

全身のあらゆる血管にできる血栓は
心筋梗塞や狭心症を引き起こす

血栓ができると、血管が完全に塞がれて血液がせき止められ、流れなくなります。血液とともに、全身の細胞や臓器に酸素や栄養分が送られますが、血液の流れが止まると酸素の供給ができません。細胞や臓器が酸素不足に陥ってしまい、壊死してしまうのです。血栓は全身のあらゆる血管で起きますが、発症する部位によって、発症する病気が変わってきます。冠動脈でできれば心筋梗塞を引き起こし、脳の血管が詰まれば脳梗塞になります。

 

 

イラストなぜ、血栓が起こるのか?

傷ついた血管を修復するために血小板が血液を固める

健康な状態の血管は、血液がサラサラしていて、スムーズに流れています。ところが、糖尿病、高コレステロールなどで、血液がドロドロになったり、高血圧になると、その影響で血管壁が傷ついて、そこから出血します。そこで、傷ついた部位に血小板が集まって、止血を始めますが、それだけでは、完全に止血できません。血液凝固作用のあるたんぱく質「フィブリン」が傷口を覆って固まりを作り、完全に止血します。この固まりが血栓の正体なのです。

血液中の成分バランスが崩れると
血栓が溶けずにその場に残る

血管がしなやかで健康であれば、血栓ができると血管内の細胞が増殖して、傷ついた血管を修復します。この段階では、まだ血栓が残っていますが、たんぱく質分解酵素プラスミンが血栓を溶かして、血液の流れを回復します。ところが、血液の成分バランスが崩れると、プラスミンの働きが弱まって血栓が溶けなくなり、その場に固まったままの状態になってしまうのです。生活習慣や食生活等の影響等で、現代人の多くは血栓ができやすく溶けにくい体質になっています。

 

 

イラスト血栓が進行するとどうなる?

進行すると血液の流れを悪くして
心筋梗塞や狭心症を発症

血栓が進行すると、その先の血管に血液が流れなくなり、細胞や臓器が壊死します。血栓ができた部位により、起きる病気が変わり、冠動脈に血栓ができると心筋梗塞を起こします。脳の血管が詰まった場合は脳梗塞、肺動脈にできると肺塞栓症です。手足の血管に発症すると、末梢動脈閉塞症や閉塞性動脈硬化症があります。また最近では、車中泊や飛行機に長時間乗っている人に発症しやすいエコノミー症候群もあります。

 

 

イラスト血栓になりやすいタイプ

高血圧・糖尿病~動脈硬化の危険因子を
抱えている人は血栓ができやすい

血栓のできやすい人は、血圧や血液中のコレステロール値、血糖値、尿酸値等が、正常値を超えている人です。これらの数値が異常に高いと、血液がドロドロになります。高血圧も血管に負担がかかり、血栓ができやすくなります。また喫煙・飲酒・ストレス・肥満・寝不足・糖分の過剰摂取、食べ過ぎも要注意です。特に喫煙は、血管を収縮させて血栓を作りやすくします。生活習慣を見直すことで、動脈硬化の危険因子を是正して、血栓を予防しましょう。

 

 

イラスト血栓の検査方法

CT検査やMRI検査で容易に病変を特定し
血管造影検査で正確に診断

血栓の検査はいくつかあり、CT検査やMRI検査により、梗塞した部分の重症度を判定することができます。最近のMRI検査は精度が高まり、他の検査では見つかりにくい血栓も見つけることができるようになりました。さらに、血栓の状態を詳しく調べたり、特定するために、造影検査で精密に検査します。上腕静脈や大腿動脈から、カテーテル(細い管)を入れて血管に送り、血管造影剤を注入してエックス線撮影して、血栓ができている場所を特定します。

最新検査装置「冠動脈CT」や「IVUS検査」で
プラークも発見!

最新機器を使って、患部を画像化できるようになり、精度の高い診断ができるようになりました。冠動脈CTは冠動脈の血栓や心筋梗塞を引き起こしている、プラークの発見ができる最新のCT検査です。FFR(冠血流予備量比)は、冠動脈にできた血栓のレベルと血流の状態がリアルにわかります。血管内超音波検査(IVUS)は、超音波で血管内の状態がわかり、解像度に優れていて、血管の太さやプラークの全体像が把握できます。

 

 

イラスト血栓を予防する方法

ライフスタイルを変える
「7つの習慣」で血栓リスクが低下する!

アメリカの心臓協会では、日常生活の中で、7つのことを心がけることで、血栓症のリスクを軽減できると発表しました。7つのライフスタイルのメインは、運動と体重のコントロールです。心臓の悪い被験者を対象に調査したところ、血栓リスクが44%低くなったそうです。このことから運動をして体重をコントロールすることが、血栓予防の重要なポイントになっていることが、はっきりわかります。

血栓を予防する7つのライフスタイル
「ライフシンプル7」

「ライフシンプル7」は、1.運動する、2.コレステロールの管理、3.健康な食事、4.血圧管理、5.標準体重の維持、6.血糖値のコントロール、7.禁煙といわれ、この7つが血栓を予防する生活習慣です。血栓の原因は、コレステロール・高血圧・高血糖・肥満。7つの習慣の実践で、危険因子が是正されて血栓ができにくくなり、生活習慣病や心筋梗塞・狭心症等も防げます。「ライフシンプル7」を実践して、血液サラサラ生活を目指しましょう!

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?