イラスト動脈硬化とは

血管がもろくなる動脈硬化はゼロ歳児から始まっています

動脈硬化とは文字通り、動脈が硬くなる状態のことです。動脈の壁が硬くなったり厚くなると、しなやかさが失われて血液をスムーズに送り出すことができなくなります。特に心臓に血液を送る冠動脈が硬化すると、心臓に負担がかかり、全身にも悪い影響を与えて様々な症状が現れます。動脈硬化は中高年から始まると思われがちですが、実際にはゼロ歳時点からすでに兆しがあり、30歳頃には「動脈硬化」の病変が現れるといいます。

動脈硬化が進むと深刻な虚血性心疾患を引き起こします

動脈硬化が進行すると、血管の中にコレステロールが沈殿して血管が狭くなり、心臓への血液供給が悪くなります。心臓を動かしている心筋が、酸素不足に陥ってしまうと、強い胸の痛みを訴えて狭心症になります。狭心症が進行すると、冠動脈の血管が血栓によって塞がれてしまい、その先の心筋に血液が届かなくなります。酸欠状態で心筋が壊死すると、心筋梗塞になります。締めつけられるような胸の痛みを伴い、一刻を争う、非常に危険な状態になります。

 

 

イラストなぜ、動脈硬化が起こるのか?

コレステロールが酸化してマクロファージに変わる

動脈硬化を進める要因の一つに、コレステロールがあります。血管の内側は3層構造からなり、内皮細胞の上には、内膜・中膜・外膜が順番に覆っています。内皮細胞には動脈硬化を防ぐ働きがありますが、高血圧や糖尿病等によってダメージを受けると正常に機能できなくなります。そこにLDL(悪玉コレステロール)が入り込むと、酸化LDLに変わります。血液中で「異物」として判断されると、白血球を取り込んでマクロファージに姿を変えます。

プラークを形成して血管をボロボロにする

マクロファージは、酸化LDLをエサにして増殖して死滅すると、LDLに含まれる脂質やコレステロールが沈殿して内膜に堆積して、プラーク(粥腫)を形成。内膜もどんどん厚くなり、弾力性が失われます。血管も細くなって、血液が充分に流れません。沈殿しているプラークが破裂すると出血を起こして、血小板が凝固して血栓を作ります。血管が完全に塞がれた状態になると、その先に血液が流れなくなります。すると心筋が酸素不足になって、心筋梗塞が起きます。

 

 

イラスト動脈硬化が進行するとどうなる?

進行すると心臓への血液供給が悪くなって心筋梗塞や狭心症になる

動脈硬化が進行すると、血管内で狭窄・閉塞を起こします。その先の血管に充分な血液が運ばれなくなると、全身に様々な症状が現れます。心臓に負担がかかり、心肥大や心不全、高血圧のリスクが高まります。血液が充分に届かなくなると、臓器や組織が正常に機能しなくなり、壊死することもあります。それにより狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、下肢閉塞性動脈硬化症などになります。また血管が破れやすくなり、くも膜下出血等の脳出血の危険もあります。

 

 

イラスト動脈硬化になりやすいタイプ

メタボリックシンドロームやストレスの受けやすい人は要注意!

動脈硬化は老化現象の一つともいえますが、進行には個人差があります。発症しやすいタイプは、高血圧・高血糖・糖尿病・脂質異常症・高尿酸血症・肥満などがある人です。内臓脂肪型肥満で「高血圧・糖尿病・脂質異常症」の2つがある「メタボリックシンドローム」の人は要注意。また過度なストレスを受けている人や喫煙習慣のある人も動脈硬化リスクが高まります。生活習慣病がある人は、動脈硬化の進行も早まりますので、生活習慣の見直しが必須です。

 

 

イラスト動脈硬化の検査方法

危険因子を調べる血液検査から
合併症の有無を調べる血管造影検査

動脈硬化の検査では、危険因子を調べるために、血液検査や血圧検査を行います。血液中のコレステロール値や中性脂肪値、血糖値、尿酸値や、血圧を確認して、高血圧・糖尿病・脂質異常症・高尿酸血症の有無を調べます。危険因子が見つかると、ABI(足関節上腕血圧比)やCAVI(心臓足首血管指数)等で、血管の機能や硬さを調べます。また血管造影検査や血管内視鏡検査等をして、合併症の有無を調べます。

血管年齢がわかる
「CAVI検査」で動脈硬化を発見する

足の血管が動脈硬化になると、痛みが現れます。そうした人の7割は、心臓や脳の血管にも動脈硬化が起きていますが、どの程度進行しているかは、判断がつきません。動脈硬化を簡単に発見する検査が「CAVI(キャビィ)検査」です。この検査では、仰向けになって両腕・両脚首の血圧と脈拍を測定するもの。動脈の硬さや詰まり、血管年齢がわかります。5分程度で検査が終わり、その場で医師の診断を受けられます。

 

 

イラスト動脈硬化を予防する方法

予防の第一歩は生活習慣病の改善と
運動習慣を身につけること

生活習慣病のある人は、病気の治療をきちんと受けることが大切です。また、合併症がある人は、脂質異常症、高血圧、閉塞性動脈硬化症などの治療薬を服用して、危険因子をコントロールします。また悪玉コレステロールが増えると、血液中のコレステロール値が高くなるだけでなく脂肪も増加します。ジョギングやウォーキングなど、1日15~30分程度の有酸素運動を週3~4回続けると、体脂肪が減って心肺機能が高まり、動脈硬化が予防できます。

血液をサラサラにする食材を使ったメニューで
動脈硬化を予防

食べ過ぎると、肥満や高血圧、脂質異常症になり、動脈硬化を進めるので、食べ過ぎに気をつけましょう。塩分や糖分、脂質を控え、さばやイワシなどDHA・EPAを含む青魚を中心にして、野菜や海藻類、食物繊維、ミネラル、カリウムを含む食材を多めに摂るようにしましょう。また高コレステロール食品を調理する時は、蒸したり、ゆでたりすると油分が落ちるので、調理の仕方を工夫して、上手に摂取しましょう。

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?