心筋梗塞・狭心症を予防するためのサイト » 心筋梗塞・狭心症の基礎知識

イラスト心筋梗塞狭心症基礎知識

万が一のための心筋梗塞・狭心症の基礎知識

心筋梗塞と狭心症は、ともに動脈硬化が引き起こす疾患で、心機能が低下する病気です。心筋梗塞の方がより深刻ですが、重い狭心症が心筋梗塞に進行する可能性もゼロではありません。初期対応が遅れると命に関わるため、万が一発作が起きてしまった時に備えて、正しい知識を身につけましょう。

 

心筋梗塞は虚血性心疾患の一つで、冠動脈が詰まって血液が流れなくなり、心筋が壊死して全身に血液を送り出せなくなる疾患です。心筋梗塞の原因は、冠動脈の動脈硬化。血管の中にプラークが溜まって血管が塞がれて発症します。急性と慢性があり、より深刻なのが急性心筋梗塞。心筋の状態によっては、命に関わる場合もあり、迅速な治療が必要です。発症しやすい時間は、血圧が急激に上がりやすい朝と、1日の疲れが出やすい夜。

 
症状

心筋梗塞の症状

心筋梗塞の症状は、30分以上続く焼けつくような激しい胸の痛みが特徴です。胸を中心に左上腕部、首にかけて激しい痛みがあり、数時間以上続く場合は、ショック状態に陥ることも。心室細動が起きると全身に血液が供給できなくなり、非常に危険な状態に陥ります。高齢者の中には息苦しさだけで、胸の痛みが伴わない場合もあり、発覚が遅れて手遅れになることも。激しい胸の痛みを感じたら、一刻も早く救急車を呼びましょう。

 
 
検査

心筋梗塞の検査

心筋梗塞の検査で有効な検査が心電図検査です。冠動脈に梗塞が起きていると、心電図に異常が現れて病名の特定ができます。治療法を決める上で参考になる検査は、「心筋シンチグラム検査」と「冠動脈造影検査(心臓カテーテル検査)」。心筋シンチグラム検査は、放射性物質アイソトープを注入して、心筋の状態が詳しくわかります。さらに冠動脈造影検査でエックス線撮影すると、病変が確認できます。なおその場でカテーテル治療を行うことがあります。

 
 
治療法

心筋梗塞の治療

一刻も早く血流を回復するために、カテーテル検査で閉塞・狭窄を起こしている部位を特定した後に、カテーテル治療を行うことが一般的です。カテーテル治療は、バルーン療法・ステント留置のいずれかで処置します。それでも血流の回復が困難な場合は、冠動脈バイパス手術を行い、う回路を通して血流を回復させます。非常に効果的な手術で、バイパス開通と同時に血流が回復し、その後の管理をきちんと行えば、安定した予後が得られます。

 
 

 

 

狭心症は、冠動脈(血管)が詰まり、一時的に心筋が酸素不足になる疾患です。原因は動脈硬化。冠動脈にプラークが溜まり、血液の通りが悪くなり発症します。症状は胸の痛みで、圧迫されたような胸の痛みが数分~15分程度続きます。危険性が高いのが「不安定型狭心症」です。プラークが破裂しやすく、心筋梗塞に進行する可能性があり非常に危険。発作を誘引するものとしては、飲酒や喫煙、食べ過ぎ、入浴、精神的ストレスなど。

 
症状

狭心症の症状

狭心症の特徴的な症状は、胸が締めけられるような痛みです。中央からみぞおちにかけて、身体の内側からくる強い痛みで、短くて2~3分、長くても30分程度で収まります。発作前に、めまい・動悸・貧血・失神・ゲップをすると胸の痛みが楽になる、身体の左半身に痛みが現れたり、食べ物や飲み物が喉を通りにくくなるなどの、予兆が現れることがあります。症状が長引く場合は、医療機関で検査を受けると良いでしょう。

 
 
検査

狭心症の検査

心電図を測定すると特徴的な波になり、心筋が酸素不足になっていることが一目でわかります。心電図に異常が認められない場合は、運動負荷試験で運動している時の心電図を測定します。これで異常があれば狭心症と特定します。治療方法は、心臓エコー検査や心臓CT検査、心臓カテーテル検査を行って診断します。特に決め手となる検査が、心臓カテーテル検査です。狭窄部をエックス線で捉えることができるので正確に診断できます。

 
 
治療法

狭心症の治療

狭心症の治療は、症状の重さによって、変わります。比較的症状の軽い時は、薬物療法が中心。抗血小板薬や硝酸薬等、効果の異なる薬を数種類処方します。発作時を鎮める薬には、ニトログリセリンが使われます。症状が中程度の場合は、カテーテル治療で狭窄した血管を広げた後、薬物療法を併用します。症状の重い場合は、バイパス手術でう回路を作り、血流を回復させます。安全性の高い手術で成功率も高いですし、薬物療法を併用することで、安定した予後を得られます。

 
 

 

 

冠動脈が血管平滑筋の収縮により、一過性に狭くなることを冠攣縮と言います。冠攣縮は狭心症の発生メカニズムの一つで、冠攣縮により引き起こされた狭心症は冠攣縮型狭心症と呼びます。特別な誘因もなく発症するのが特徴です。急性心筋梗塞や突然死を招くことも知られています。発症率に関して、地域差や人種差があるとされ、欧米人よりも日本人のほうは発症しやすいと証明されました。攣縮の原因はまだ明らかではないが、喫煙により冠攣縮が誘発されることのエビデンスは確定されています。

 
症状

冠攣縮性狭心症の症状

自覚症状としては、前胸部特に胸骨下の中央部の圧迫感、一本指で刺すことができない漠然とした痛みが特徴です。痛みは首や肩まで広がることもあります。主に夜間から早朝にかけて、安静にしているときに発症し、痛みの持続時間は数分から15分程度です。

 
 
検査

冠攣縮性狭心症の検査

冠攣縮性狭心症の自覚症状が感じても、発症しないときには異常が検出できませんので、24時間心臓の状態を監視できるホルダー心電図を受けると良いでしょう。刺激や薬物により攣縮を誘発し、冠攣縮の存在を証明する検査方法もあります。

 
 
治療法

冠攣縮性狭心症の治療

冠攣縮性狭心症の治療方法としては、飲酒や喫煙などの危険因子の是正や、日常生活の管理が必要です。冠攣縮発作には速効性硝酸薬や Ca 拮抗薬により冠攣縮発作が有効とされています。また、冠攣縮抑制に有効な薬剤を服用することも良いでしょう。

 
 

 

心筋梗塞と狭心症の違い

筋梗塞と狭心症の大きな違いは、心筋が壊死しているか、生きているかです。心筋梗塞は、冠動脈が血栓で完全に塞がれてしまい、心筋が酸素不足になって心筋が壊死します。一方の狭心症は、血管にプラークが詰まって、血液の流れが悪くなります。心筋梗塞と似ているようですが、心筋はまだ生きている状態です。症状も心筋梗塞は、激しい胸の痛みが30分以上続きますが、狭心症は締めつけられるような胸の痛みが3~30分程度で治まります。

 

発作時の対応

発作が起きた時は、慌てずに冷静な対処が必要です。激しい胸の痛みと嘔吐が伴い、30分以上続く場合は心筋梗塞なので、楽な姿勢を保ちましょう。ただし、水を飲ませたり吐かせたりはせずに、すぐに救急車を呼んでください。また、不整脈で激しい呼吸困難に陥っている場合も同じです。呼吸止まっている場合は、すぐに気道を確保して救急車を要請します。救急車の到着を待っている間に人工呼吸や心臓マッサージ、AEDで電気ショックを与える等、できる限りの蘇生法を試みてください。

 

心筋梗塞・狭心症を予防
するためには?