心筋梗塞・狭心症は治療から予防の時代
~最前線予防情報~

かつては、死に直結する病気として恐れられていた心筋梗塞と狭心症。医療技術の向上により、今や予防できる時代になりました。このサイトでは、その発症メカニズムと危険因子、最新治療法から予防法まで、抑えておきたいポイントを網羅しています。ぜひお役立てください。

心筋梗塞狭心症の主な原因

心筋梗塞と狭心症は、冠動脈が詰まる病気で、主な原因は、動脈硬化血管攣縮(れんしゅく)です。発生のメカニズムや是正法を正しく理解することで、心筋梗塞や狭心症が予防できます。

動脈硬化

動脈硬化とは、血管がしなやかさを失い、もろくなった状態のことをいいます。血管内で狭窄・閉塞を起こし、その先の血管に充分な血液が運ばれなくなると、心筋梗塞や狭心症が発症します。

 

動脈硬化の危険因子は、高血圧、脂質異常症、糖尿病、肥満、喫煙、ストレスなどがあります。これらの危険因子をなくし「食事」「運動」「禁煙」「ストレス解消」などをキーワードに生活習慣の改善が必要です。心筋梗塞と動脈硬化の関係性は一般的に知られ、すでに生活習慣の改善に取り組んでいる方も多くいらっしゃると思います。

Attention ご注意!

血管攣縮(れんしゅく)

心筋梗塞を引き起こすもう一つの原因として知っておきたいのが、血管攣縮です。 血管攣縮とは、何らかの理由によって血管の一部が異常に収縮することです。攣縮することにより、冠動脈が急に狭くなったり、完全に詰まってしまった場合もあります。
血管攣縮の怖いところは、健康な人にも前触れなく起こることです。また、既に動脈硬化により狭くなった血管に異常収縮が起こると、血流が途切れ、命に関わる相当危険な状態になる恐れもあります。
最近、血管攣縮のメカニズムが解明され、根本から抑制できる成分も発見されました。

心筋梗塞・狭心症の主な原因
心筋梗塞・狭心症の主な原因
 

1予防フェイズPhase

血管攣縮動脈硬化を予防して健康を保つ!

イラスト心筋梗塞を引き起こす二つの原因:血管攣縮と動脈硬化。動脈硬化は動脈硬化の危険因子には、高血圧、脂質異常症、糖尿病、肥満、喫煙、ストレスなどがあります。これらをなくすために、「食事」「運動」などをキーワードには、生活習慣の是正が必要です。
血管攣縮は、危険因子を抱えていない健康な人でも起こりえます。ある日突然、攣縮により冠動脈が詰まり、心筋梗塞が発症することが冠攣縮の怖いところです。根本から攣縮を防げる手段をとって、未然に防ぐことが大事です。

血管攣縮を防ぐ

血管攣縮とは

心臓の表面を走行する比較的太い冠動脈が一過性に異常に収縮する状態です。冠動脈が攣縮により、完全に、または、ほぼ完全に閉塞されると、心筋虚血が生じ、狭心症発作が起きます。冠動脈が詰まる時間が長く、血流が途絶えた場合、急性心筋梗塞が発症してしまい、突然死に至る可能性もあります。

薬物療法

冠攣縮を抑制する薬物は、今まで、血管拡張作用のある硝酸薬や、平滑筋の収縮を起こすCa+(カルシウムイオン)を阻害するCa拮抗薬などが、有効とされてきました。しかし、これらの薬物にはリバウンドや正常な血管収縮まで阻害するといった副作用が懸念されています。

禁煙

喫煙は血管攣縮を引き起こす原因の一つであることが分かっています。タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素が、血流停滞と酸素供給の阻害を引き起こすためです。20本/日以上吸うと心筋梗塞発症が3倍以上に。さらに、受動喫煙によって、非喫煙者の冠動脈疾患死が増加します。

ストレス解消

精神的ストレスが冠攣縮性狭心症に対して特に大きく関与していることが報告されています。ストレスがきっかけで冠攣縮性狭心症の重積発作を誘発する例も多いです。過換気により冠攣縮が生じることは知られていて、ストレスは過換気状態を作りやすいです。運動や趣味など、自身にあったストレス発散法を持ちましょう。

節酒

冠攣縮発作は飲酒後数時間を経て起こりやすいことが報告されています。お酒は適量を飲むぶんには血流がよくなり、血中の善玉コレステロールの増加作用もあり、健康に有効と言われますが、大量に飲むと血圧を高めてしまい、心臓に負担をかけて血管攣縮を引き起こす可能性もあるのです。

血管攣縮を抑制できる唯一の成分
小林式EPA

血管拡張などの薬物にの耐性やリバウンド効果が問題視されています。さらに、正常な血管収縮も抑制してしまい、血圧が低下するなどのさまざまな副作用もあります。冠攣縮を抑える表面的な対策法としか言えません。
こうした従来の血管攣縮の治療薬に対し、山口大学の小林誠教授のチームは、血管攣縮のメカニズムを解明し、異常な収縮のみ抑制する成分を抽出できました。その成分の原料は生魚に多く含まれるEPAですが、特殊な方法で抽出することで、EPAの吸収力を高め、血管攣縮の治療に特化した成分へと仕上げました。他の一般的なEPAと区別して「小林式EPA」と命名されました。血管の異常収縮を抑制できる唯一の成分として高く評価され、二つの特許も取得しています。

>>小林式EPAについて調べてみる<<

動脈硬化の予防法

心筋梗塞は動脈硬化によって血管が硬くなったり、狭くなったりするほか、血栓ができて血流が阻害され心筋への酸素供給が不十分となることで引き起こされます。そのため、心筋梗塞を予防するには動脈硬化の進行を抑制することが大切です。食生活から温度調節まで、さまざまな点に注意しながら生活習慣を改善することを意識しましょう。

動脈硬化を予防できる食事習慣

イラストイラスト
1

腹八分目

肥満は心疾患疾病を引き起こす要因の一つであるため、食べ過ぎに注意し、毎食腹八分目にしましょう。バランスのよい食事を意識することも大切です。外食に行く時でも、丼ものやファーストフードではなく、なるべく定食を選ぶようにしましょう。また、なるべく野菜を食べることも意識します。小鉢を選べるときには、おひたしやサラダなど、野菜をチョイスするのがおすすめです。

2

減塩

塩分(=ナトリウム)を大量に摂取すると、血液中のナトリウム濃度が上がり、心臓に大きな負担をかけます。1日の塩分摂取量の目安は、健康な人で1日10グラム以下とされています。一般的なカップラーメンの塩分量は5グラム以上ありますから、1日に2つ以上カップラーメンを食べるとそれだけで塩分過多になってしまうということ。また、外食も味付けが濃い場合が多いため注意が必要です。

3

コレステロール

コレステロールを取りすぎると、悪玉コレステロールが増えて動脈硬化の原因になります。肉を食べるときは脂身を取り除き、肉のゆで汁は捨てるようにしてください。また、ササミや豚のひれ肉は比較的脂質の少ない部位。動脈硬化を防ぐためにも、また肥満を予防するためにも、脂質の摂取量を意識した食事を心がけましょう。

4

食物繊維・糖質

便秘や腸内環境に役立つと言われることが多い食物繊維は、心筋梗塞の予防にも効果的です。食物繊維にもいくつかの種類がありますが、なかでも特に効果的なのが水溶性食物繊維のアルギン酸。ナトリウム(塩分)を排出するだけでなく、高血圧を下げる働きを持つカリウムも放出します。

動脈硬化を予防する成分

イラストイラスト
1Component

EPA

マグロやカツオ、イワシには、オメガ3脂肪酸が豊富。身体には欠かせない成分で、血液をサラサラにしてくれます。しかもEPAには、心筋梗塞のもうひとつの原因「血管の異常収縮」を防ぐ効果もあるので、要注目です。

2Component

DHA

マグロやカツオ、イワシには、オメガ3脂肪酸が豊富です。そのルーツは、海の中で漂う海藻。DHAの血液サラサラ効果は、食物連鎖によって生まれました。血管をしなやかにするDHAの1日の摂取量はどのくらいでしょうか。

3Component

ナットウキナーゼ

納豆の生成過程で生まれた、ネバネバの成分。たんぱく質分解酵素「ウロキナーゼ」を活性化させて、血栓を溶かして、血液をサラサラに。ナットウキナーゼは、優れた健康成分。そのほかにどんな効果があるのでしょうか。

4Component

食物繊維

第六の栄養素とも言われる、食物繊維。コレステロールや腸内環境を調整する働きがあり、血糖値を緩やかに上昇させて生活習慣病の予防に効果的です。野菜や豆、穀物等、歯ごたえのある食品に多く含まれています。

5

硫黄化合物(アリシン・アホエン)

ニンニクのニオイ成分アリシンとすり潰した時の成分アホエンは硫黄化合物の一種。
心臓病の予防効果があります。

6

ポリフェ
ノール

自然環境の中で植物が生き抜くために不可欠な成分。優れた抗酸化力があり、生活習慣病の予防効果があります。

7

クエン酸・
酢酸

レモンやお酢の酸味成分です。体内のクエン酸サイクルと深い関係があり、脂肪を分解して、代謝を高めてくれます。

動脈硬化を予防する
食べ物・飲み物

イラストイラストイラスト
1Food

魚類

魚の中でもマグロやカツオなどの青魚には、血液をサラサラにしてくれる、EPA・DHAが豊富です。動脈硬化の予防に効果があることは知られていますが、心筋梗塞や狭心症予防とはどのような関係があるのかを調べてみました。

2Food

野菜類

ビタミン類や食物繊維など、野菜には身体に必要な成分が豊富です。アメリカでは、心臓病の予防に、1日1皿の野菜を推奨しています。野菜不足が指摘されている日本人ですが、1日どのくらいの野菜が必要でしょうか?

動脈硬化を予防する
運動療法

1

運動強度

心筋梗塞の予防として運動を取り入れている方もいるでしょう。しかし過度な運動は、心筋梗塞のリスクを高めかねません。やみくもに身体を動かす前に、自分に合った運動強度を知ることが大切です。一般的に安全とされるのは、その人が持っている最大運動能力の40~60%の範囲。運動の種類や時間、強さ、量などを医師に相談し、的確な指導をしてもらいましょう。

2

有酸素運動

有酸素運動とは、運動のためのエネルギーを作る際、酸素を必要とする活動のこと。簡単にいうと、長く持続的に行うことができる運動です。こちらの方法では、体が酸素を取り入れようと呼吸や心拍数が上昇、結果的に心肺機能が高まります。有酸素運動には、ウォーキングやジョギング、水泳、サイクリング、ラジオ体操などがあります。なかでもウォーキングは手軽に始められる人気の方法。

動脈硬化を予防できる
生活習慣

1

水の飲み方

体内が水分不足になると、血液の濃度が高まりドロドロの状態になり動脈硬化につながります。喉が渇くのは水分が足りないという体のシグナルですから、その前に補給することを意識しましょう。朝起きたとき、運動の前後、入浴前後、寝る前と、こまめに水を飲む習慣をつけてみてください。

2

寒暖差

急激な温度変化は体に大きなストレスを与えます。冬場に狭心症や心筋梗塞の発作が起こるのはこのため。寒暖差のある場所へ移動すると、血管が収縮して血圧が上がってしまうのです。冬場だけでなく夏に外から冷房の効いた室内へ移動をすることでも発作のリスクは高まるため、いずれの季節でも服装に注意してください。

3

入浴

入浴は急激な温度変化が起きやすい場面です。特に冬場は脱衣所、浴室、浴槽と大きな温度の差がある場所を移動するため、脱衣所を温めておいたり、ぬるめの湯にしたりするのがおすすめ。また、30分を超えるような長湯は心臓へ負担がかかるため避けたほうが無難です。

4

睡眠

睡眠中は心身の疲労回復やストレス軽減の効果があるだけでなく、ホルモンの分泌が盛んに行われる時間です。睡眠不足になるとホルモンバランスや代謝に異常が起き、脂質異常症、糖尿病の原因となるため良質な睡眠が求められます。単に長い睡眠時間ではなく、自身にあった睡眠リズムをつくることを心がけましょう。

5

ショック回避

映画鑑賞や読書は心臓の負担を軽減させリラックスを促す効果があり、狭心症や心筋梗塞の予防にも良いとされます。しかし、ショックの大きな映画やハラハラするようなミステリー小説は場合によっては逆効果となることも。趣味も楽しみ方を考えることが必要です。

6

仕事

仕事では肉体的・精神的ストレスが発生します。人間関係や仕事内容で神経質になったり、長時間の仕事で生活が不規則になったりすることもあるでしょう。この際、高血圧やストレスからお酒やタバコの過度な摂取にもつながり、動脈硬化のリスクも上がってしまうのです。

2予防フェイズPhase

早期発見・治療を徹底する

心筋梗塞や狭心症は、日本人の死因、ベスト3にあげられる疾患です。早期発見・治療をすれば、病状が落ち着いて、退院後も安定した状態で過ごせます。知っておきたい検査方法や療法をまとめました。

1

検査の種類

心筋梗塞や狭心症の疑いがあれば、スクリーニングで病名を特定して精密検査に移ります。検査項目を詳しく解説します。

2

一般療法

患者教育も大切な治療の一つです。医師とカウンセラー、患者が一緒に取り組む、再発させないための予防プログラムを紹介します。

3

薬物療法

治療のメインとなるのが薬物療法です。心筋梗塞と狭心症で処方する薬の違いとその効果、服用時の注意や禁忌事項とは?

3予防フェイズPhase

再発防止の実践と注意点

再発予防の第一歩は、退院後の
生活改善の取り組みから

心筋梗塞や狭心症は、病状が安定した後も、気を許せない病気です。再発率が高く、退院後は再発予防の取り組みが欠かせません。生活習慣病と深く関わる病気なだけに、日常生活の見直しが予防の第一歩。何を実践して、何に注意すればいいのかみていきましょう。

円

心筋梗塞・狭心症の前兆・初期症状と見分け方

心筋梗塞の前兆と初期症状

「ある日突然、心筋梗塞に襲われる」そう思っていませんか。実は前兆があり、それを見逃さなければ、早めに対処できます。また心筋梗塞特有の初期症状がありますので、知っておくと冷静に判断でき、大事に至らずにすみます。前兆と初期症状をみていきましょう。

狭心症の前兆と初期症状

心筋梗塞と狭心症は、症状が似ているので、発作時にどちらか判断がつかないことがあります。実は狭心症には前兆があるので、おかしいと感じれば、早期治療が可能です。また初期症状には、心筋梗塞と微妙な違いがある点に注意。前兆と初期症状をみていきましょう。

前兆・初期症状と見分け方
 

Factor

病院アイコン

心筋梗塞・狭心症のリスクを高める要因を知る

 

高血圧

高血圧は、心臓が血液を送り出す力が強くなり、血管の内側に強い圧力がかかった状態のことをいいます。血圧が高くなると、血管が傷ついて動脈硬化を悪化させ、心臓にも負担がかかり心筋梗塞や狭心症を引き起こします。高血圧になるメカニズムがわかれば、血圧のコントロールも可能です。高血圧について詳しくみていきましょう。

 
 

糖尿病

糖尿病は、インスリンの分泌が悪くなり、血液中のブドウ糖が高くなる病気です。「糖尿病の疑いがある人の15.8%に心臓病がある」と報告されているように、悪化すると、動脈硬化が進みます。糖尿病になるメカニズムがわかれば、心筋梗塞や狭心症を予防することも可能です。予防法と併せて調べていますので、みていきましょう。

 
 

脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症とは、血液中のコレステロールのバランスが、大きく崩れた状態のことをいいます。バランスが崩れると、血液がドロドロになり、動脈硬化を促して心筋梗塞や狭心症がおきやすくなります。発症には、生活習慣が大きく関わっています。そのメカニズムや予防法について調べていますので、みていきましょう。

 
 

メタボ・肥満

メタボになると、血液中に余分な脂肪を放出するため、血液がドロドロになって動脈硬化に。心筋梗塞や狭心症になりやすく、脂肪のコントロールが大きな課題です。

 
 

悪い生活習慣・ストレス

不規則な食事や運動不足、ストレスの多い生活は、生活習慣病を作り、動脈硬化を促して、心筋梗塞や狭心症を起きやすくさせます。心臓に優しい生活習慣をみていきましょう。

 

Treatment

病院アイコン

心筋梗塞・狭心症の治療とは

手術

心筋梗塞や狭心症の治療で、もっとも多く行われるのが、バイパス手術。血流が悪くなっている部位を避けて、新しいルートに血液を流す手術です。すぐに血流が回復しますが、リスクはないのでしょうか?

薬物治療

薬物治療は、薬で血栓を溶かしたり、症状を安定させたり、再発を予防する治療です。他の治療と併せて行われることが多く、心筋梗塞と狭心症では、処方される薬が違うことがあります。どのような薬があるのでしょうか。

カテーテル治療

冠動脈に細い管を通して、問題を起こしている病巣に、直接アプローチする治療法です。カテーテル治療には色々な手法があり、病態に合わせて適切な処置が行われます。どのような治療法なのか詳しく調べています。

Complications easy to illnesst

病院アイコン

併発しやすい病気とは?

心不全

心不全は、心筋梗塞と狭心症と併発しやすく、すべての心臓病が最終的にたどりつく先です。心機能が低下して、全身が酸素不足になり、身体がむくんだり、呼吸困難になります。どのような病気なのかをまとめました。

不整脈

不整脈は、心臓の収縮・拡張のリズムが、大きく崩れる病気で、3つのタイプがあります。心筋梗塞や狭心症と併発すると、危険で一刻も早い治療が必要。中には特に治療を必要としない不整脈も。詳しくチェックしましょう。

心破裂

心筋梗塞の中でも危険度が高く、心臓が破裂する合併症です。急性心筋梗塞を起こしてから、数日後に発症することが多く、血圧低下や呼吸困難に陥ることもあり、一刻も早い治療が必要になります。

心室瘤

心室の壁にできた瘤が、心筋の圧力で押し出される疾患です。心筋梗塞を起こした後の、定期検診で見つかることが多く、瘤が大きくなると破裂する危険があります。発症例は少ないものの、気になる病気です。

Basic knowledge

病院アイコン

基礎知識

 

心筋梗塞とは

心筋梗塞は、冠動脈が塞がれて血流が止まり、心臓に血液が流れなくなり、心機能が低下する疾患です。発症すると、心筋が酸素不足になって、壊死してしまいます。急性と慢性があり、より深刻なのは急性で、激しい胸の痛みや嘔吐、呼吸困難などの症状が伴います。初期治療が予後に関わるほど重要です。

狭心症とは

狭心症は、冠動脈が狭くなって血流が悪くなり、心臓に流れる血液の量が少なくなって心機能が低下する疾患。心筋が酸素不足になりますが、生きている状態です。発症すると、胸の痛みが数分~15分程度続きます。心筋梗塞に進行することもあり、発作を繰り返さないためにも予防が大切です。

冠攣縮性狭心症を詳しく見る

心筋梗塞と狭心症の違い

心筋梗塞と狭心症の大きな違いは、心筋が壊死しているか、まだ生きているか。発症すると、心筋梗塞では激しい胸の痛みが30分以上続きますが、狭心症では、圧迫されるような胸の痛みが長くても15~30分程度で鎮まります。より深刻なのは心筋梗塞。初期対応がその後の治療に大きく影響します。

発作時の対応

突然、家族が目の前で発作を起こした時に気が動転すると、適切な対応が取れません。病人の意識や呼吸をしっかり確認し、冷静な行動をとりましょう。意外と難しいのが、人工呼吸や心臓マッサージ。蘇生法が生死を分けることもあるので、テクニックを身につけておくと、いざという時に役に立ちます。